fc2ブログ

水掃除機 switle スイトル

よろしく

2024/01   1234567891011121314151617181920212223242526272829  2024/03


お孫ちゃんが遊びに来ていて 抱っこされてソファーに座っているとき
マーライオンのようにキラキラを盛大に噴出

後始末が大変

アルコール 次亜塩素酸水などで処理しても濡れているうちはやはりニオイが・・・、

あったらいいな、と以前から興味があった「水掃除機」を探す
近くの自動車修理屋さんで業務用の処理機を見てから イイなー、と
車のシートがキレイになっちゃうんだよねー、

候補は二つ (ってゆーか家庭用は二つしか見当たらない)
アイリスオーヤマの「リンサークリーナー」と
シリウスの「スイトル」

水を吹き付け汚れと一緒に吸い取る作業は一緒ですが
前者は単体で作業が出来ますが
後者は掃除機吸い取り口に取り付けて作業をしますので単体では何もできません

価格はリンサークリーナーのほうが高め10,000円ちょっと、
レビューを見てみると水漏れ、部材割れなどトラブルが多いようです、

まぁ毎日使うようなモンでもないので
最安値7,000円くらいのスイトルに的を絞って探す

結局メルカリで、  4,000円のほぼ新品の良品でした、

でもコイツ 致命的な欠点があります
吸い取る部分がリンサークリーナーのように蛇腹ではないので
ほぼ平面部分の移動だけしか出来ません

ですので車のシートなどは座面を除いて不可能、
絨毯・カーペット・頑張ってソファの座面あたりの処理専用となります、

2207231.jpg

使った感じでは
やはりカーペット専用ですね、洗剤、溶剤等で汚れを浮かしてから使用すると
さすがにキレイになります

一回に使用する水は500cc、汚れ具合、使い方に寄りますが
カーペット50センチ四方位の広さしかキレイに出来ません、
醤油などをこぼした、おう吐した、などの対応専用で カーペット一枚キレイに・・・なんてのはほぼ不可能、

水掃除した部分はいくら水を止めて吸っても乾くわけもなく当然濡れたままなので乾燥必須、

そしてこの手のグッズお約束の
「使ったあとの掃除が大変」

まぁコイツは分解は簡単ですが
やはり汚いものを吸い取るんですからそれなりの覚悟は必要でしょう、

単に汚れだけだったらいいですが おう吐物、とかカレーとか
油分があれば当然水洗いだけでは落ちません、ほったらかしで乾いてしまうと更に落ちません、

購入したものの 一回使って「んっ?」となり
2回目で後始末の面倒さに気づき、
3回目で放出決定!の流れかな と、

この面倒さはリンサークリーナーも一緒だと思う、

でも これだけ水出して洗って吸い込んでも 元掃除機には一切水分は出てこない
これはスゴイと思う、
この分離機能はスゴイ!

2207232.jpg


スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://tanosiib.blog.fc2.com/tb.php/1082-007e923e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 三日BOSE All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド