fc2ブログ

三日BOSE2011年12月03日

よろしく

2011/11   12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2012/01

1112032.jpg


1112031.jpg

1112033.jpg

カムシャフトのベアリングがゴロゴロで組めなかったチャンリン?エンジンですが
田中エンジン取り外しのシャフトを付けて組みました、
新品なのにベアリングが逝ってるってのはどうにも・・・ここらへんが中華ならではのトラブルですねぇ、

緩める為にカムチェーンテンショナーを外すと勢い良くスプリングは出てきましたが
何やら例の煮こごり付き、
プッシュロッドの穴ってこんなにいい加減な穴あけだったっけ?

気温が暖かかったら載せ換えようか、と思いましたが寒かったのでヤメ、
オイルクーラーのオイル取り出しカバーでもオクで調達するか、

ダメダメなカムシャフトのベアリングを外してみました
スプロケ側 16003 内径17 外径35 厚さ8
反対側 16002 内径15 外径32 厚さ8

調べたら6003・6002とは内径外径は同じですが厚さが9ミリ10ミリで違うみたいだ、

驚いたのは3穴のカム取付けプレートで てっきり位置決めされているものだと思っていましたが圧入されているだけでした、

組む時気お付けないとズレちゃうし、スプロケが回ってカムは回らずカラ回りの可能性も・・、中華ですからね、

ベアリング交換しておこうと思いましたが使うあても無いし費用ももったいないのでこのまま保存にしました、

このエンジン 腰上だけでも品質を疑う箇所満載、エンジンは掛かるとしても耐久性はどーなんだろか、

田中エンジンが高品質に感じるって・・・、


スポンサーサイト



 | Copyright © 三日BOSE All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド