fc2ブログ

三日BOSE2010年08月29日

よろしく

2010/07   12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2010/09

08291.jpg昨日昨日届いた田中エンジンを午前中の涼しいうちに交換しようと9時半頃からボチボチはじめてみた、

午前中には終るだろうと思っていましたが・・・中華です、

本体スワップは簡単ですので1時間もあれば・・、

付いていたのは420のスプロケなのでロンシンの16Tのスプロケに付替え、
でもアルミのカバーが付けられません、どこかにぶつかっているようです、
このカバー、安物のプラモデルみたいにバリのあらしで最初はそれかと思って綺麗に削ってみましたが
変りません、
よく見るとフレームに干渉しています、棒ヤスリで
削ります削ります削ります、
30分はロスしましたね、

今まで付けていた海外ミクニVM22らしいキャブ、
ヘッドに当たって付けられません、今度はヘッドのフィンを棒ヤスリで
削ります削ります削ります、
ヘッドのフィンとキャブのドレンのボルトまで削って付けました、
30分以上はロスしてます、

それでもギリギリで キャブがもう1ミリか2ミリ上だったら良かったのになぁ、
インシュレーターを注文中なので届いたらもう少し離してあげます、

オイルクーラーも付け替えです、パッキンは地球に優しい再利用、

電装です、
エンジンからのギボシ5本はほぼ本体とカラーが一緒ですんなり接続、

ギア表示は取り合えずカップラーを接続してみたところ
Rと2が逆でした、テスターで表示ラインを確認後以前のロンシンと同一変更、エンジン側のカプラーの端子を抜き取り位置変更、 OK!

11時を過ぎています、
最終チェック後、プラグを抜き取ります、

交換前、インマニの穴からオイル溜りが見えました、
シリンダーにオイルがたまっていた場合セルを回したとたんにガスケットが抜けたりコンロッドが曲がったり、
なんて事になったらイヤなので取り合えずプラグを抜いて貯まっていた場合のオイル排出、
またはシリンダーのオイル循環の為5秒位クランキング、

その後プラグを取り付けセル2・3秒で始動しました、

最初はオイルの燃える白い煙、エンジンが暖まってくると本体のオイルの気化する煙、
5分位アイドリングさせますがこの時間はドキドキですね、
この煙はどこから出る煙ってね、

ここでお昼休憩

午後の部、さあ試走です、

町内を一回り、終了~! のはずだったのですが、500M位走ったらなにやら白い煙が・・・、
新品エンジンの表面オイルが出しているんでしょう、などと思っていたらだんだんすごい煙、

ヤッベー!停止してメインスイッチを切ります、
煙はシートの下からで 開けてみたらレギュレーターから白煙、

08292.jpg


自宅まで押して帰って確認、
レギュレーターのアース部分が焼損、
原因は全く分かりません、テスターでレギュレーターのカップラー各端子を点検したら電圧が出てきたのが
赤、バッテリー電圧だけで、

でもエンジンかかるってのはエキサイター、パルスジェネは正常でしょ、
充電の電圧だけが出てこない?

ロンシンのジェネレーターと互換のようでケースごとアッセン交換、

各端子の電圧は変らず、おかしい、

で、ここで気づきました、テスターのレンジがDCV

   オーマイガー!

あらためてACVで点検、正常な電圧が出ていました(笑

また、ジェネレーターを田中モデルに交換、正常です、

じゃ、ただ単にタイミング良くレギュレーター単体の不良?

取り合えず新品の田中エンジンの付属品に入っているはずだから交換してみっか、

探したけど有りません、他の端末は有るんですがレギュレーターだけ有りません、
その代わりウインカーリレーが2個、
多分入れ間違いなのでしょうが 何でウインカーリレーかなぁ、間違うならレギュレーター2個にしてくれよ、

これからオクで入手もなぁ、

そうだ、そんな時はこの間行った「ジャンクボックス」があるじゃん、

早速行ってレギュレーター物色、
モンキー12Vってマジックで書いてあるのが有ったので値段を聞くと2K,
たっけーなぁ、

08293.jpg

理由はまだ綺麗だから、
「汚いのは1Kでいいですよ、」
車種ごとに分けてあるがそもそも出所は同じで形状同じなら早い話どれでも同じって事らしい、

「じゃ2個買うから2.5Kにしてくれない?」
「いいですよぉ」

往復で1時間、

2個抱えて帰って汚い方を接続、
テスター当てる、アレッおかしい、バッテリーの電圧も妙に低い、
一旦停止、再度始動しようとしたら電源が入らない、

ヒューズが飛んでいた、予備は無い、
往復30分掛けてガラス管のヒューズを買いにイエローハットへ、

買ってきてエンジン掛けて汚い方のレギュレーターを装着、「ピンッ」っとイヤな音、
ヒューズが飛んでいます、

また付替えて今度は2Kのモンキー12Vのレギュレーター装着、
ヒューズは飛びませんしアイドリング、ドキドキの試走でも白煙を出す事も無く正常です

この汚いレギュレーターは故障しているのか、それとも車種の違いでカップラー端子の配列が違っているのか
分かりませんが「使えない」のは間違いないようです、

試走ついでに100均でオイル処理用のマットを購入

ロンシンエンジンと田中エンジン、共にエンジンオイルを抜いてロンシンはストックとして梱包、
田中はエンジンオイルを入れようと思ったら入れ口がジョウゴでは入れられない位置で断念、

もう夕方5時を過ぎました、オイル注入は後日と言う事で今日はおしまい、

午前中に終ると思っていた作業でしたが やってみれば丸一日、

疲れました、

手元にディスクグラインダーを持ってきていればもっと早く終ったのに・・・、

などと考えながら飲むビール、発泡酒、

   あぁ、一日楽しかったぁ!

 隊長、以上 一日の顛末 報告いたします! 









スポンサーサイト



 | Copyright © 三日BOSE All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド